自動車保険相場平均 保険料安い順ランキング2018決定版

自動車保険相場平均@保険料安い順ランキング2018決定版

自動車保険に加入するときに保険料の相場は気になりませんでしたか?

 

私も初めて車を持った際に、何からやってどんな保険
に入ればいいのか?いくらくらいかかるのか?自動車
保険の平均相場などイマイチわからなくて悩みました。

 

普通の生命保険などと違いますし、自動車保
険はいくらくらいかけておけばいざ事故に遭っ
た時など安心なのか分かりませんでした。

 

しかし近年はインターネットが普及し、調べたい項
目を入れるだけで気軽に調べることができます。

 

まずはどのくらいが自動車保険の平均相場な
のかが気になったので、「自動車保険料相場
と入れて検索をかけてみたのです。

 

すると一括で簡単な入力をするだけで調べ
られるサイトがたくさん出てきて、一括で10
数件一気に調べてくれるサイトなどもあり、
とてもわかりやすく参考になりました。

 

1つの自動車保険だけで決めてしまってはこんなふう
に自動車保険の平均相場額を知ることがなく、初めて
ということもあり、余計なオプションまで付けられ高い
金額の保険料を支払っていたかもしれません。

 

こういった比較サイトで調べることで、どこがお得
で自動車保険の相場はいくらなのかわかるので、
調べるということはとても大切だと感じました。

 

中には年齢なども加味してくれ、一括で入力するのでは
なく、何歳の時にどのくらいと値段を出してくれ比較を全
部書いてくれているサイトもあり、自分のこと以外にも自
動車保険の相場や目安を知ることができたのです。

 

自動車保険の平均相場も知ることができた
ので、自動車保険の口コミも少し調べました。

 

特に気になっている自動車保険の会社を中心に見て
いくと、対応力もよく頼りになるようなことが書かれて
いたので私はその自動車保険の会社に決めました。

 

今もたまに、定期的に他の自動車保険についてや、
今の自動車保険の相場も調べるようにしています。

 

きっと私が入った当時と違いまた新しい保険が出て
きているかもしれないですし、お得な保険が出てき
ているかもしれないのでチェックは欠かしていません。

 

また、口コミもいいことだけではなく残念
だった部分も書かれているので、実際
のところはどうなのかをチェックします。

 

自動車保険を毎年見直してみるとメリット
になる場合がありますので、更新毎には
一括見積もりサービスがおすすめです。

 

 

■■管理人の条件設定■■

保険料

32930円

車種

フィット

使用目的

日常・レジャー

免許証の色

ゴールド

運転者範囲

家族限定

年間走行距離

1万km

対人・対物

無制限

人身傷害保険

3000万円

搭乗者傷害保険

1000万円

車両保険

エコノミー

■■自動車保険相場平均〜安い順ランキング■■

保険会社

年間保険料()内は車両保険なし

評価

SBI損保

32930円 (21580円)

SBI損保の自動車保険は安いだけなのか?

イーデザイン損保

35780円 (23810円)

イーデザイン損保は4つの見積もり方式を提供

アクサダイレクト

35990円 (24750円)

アクサの保険料はリスク細分の条件次第

三井ダイレクト損保

38640円 (28220円)

三井ダイレクトの人気の要因は一体何なのか?

セゾン自動車火災

40130円 (33240円)

CM戦略で一気に知名度を上げた大人の自動車保険

ソニー損保

43250円 (37750円)

ソニー損保はまさしく走る分だけの保険料を実現

チューリッヒ

45760円 (37320円)

チューリッヒのブランド力は早々揺らぐものではない

そんぽ24

48540円 (40920円)

そんぽ24はユーザー目線のサービス提供に期待

AIU保険

67820円 (56560円)

AIUが支持されている最も大きな理由が事故対応

あいおいニッセイ

69140円 (58420円)

あいおい損保は最終的に代理店選びが一番のカギ

東京海上日動

73280円 (62910円)

東京海上は業界No.1の規模を誇り知名度もNo.1

富士火災海上

74350円 (61440円)

富士火災は控えめながらも事故対応力の評価が高い

三井住友海上

77180円 (66530円)

三井住友海上は実績は充分ですし顧客満足度も上々

損保ジャパン興亜

78540円 (64920円)

損保ジャパン日本興亜の事故対応は迅速かつ丁寧

 

私の1年前の保険料は62250円でしたが、ネットを
用いて自動車保険の見直しを行ったことが功を奏し、
現在は32930円という保険料になっています。

 

自動車保険の平均相場額はダイレクト型で3、4万
円くらい、代理店型は6、7万円ほどになるようです。

 

補償が手厚く、平均相場額より安い自動
車保険を見つけたのはのはこちらです。

 

年代別・保険料相場

ポイント

10代

20歳以下の人が初めて自動車保険に加入するときの料金相場は、少

なく見積もっても10万円以上になる可能性があります。また、一般型
の車両保険に加入した場合には軒並み割高な保険料となるようです。

20代

自分の名義の車を所有しようと思ったら、21歳以上からの方が維

持費は断然安くなるのです。どのくらい違うかというと、20歳以下
に比べて21歳以上だと6割程度の保険料で済むことが多いです。

30代

車両保険なし、対人・対物無制限、人身傷害無制限という場合、

30歳以上34歳以下だと4万5千円前後、35歳以上49歳未満
なら4万円前後という感じが保険料の相場となるでしょう。

40代

40歳・11等級(47%OFF)での各保険会社の1年間の保険料は、

プリウスやセレナの場合、従来の代理店型で10万円台前半、通
販系・共済系で6〜8万円が自動車保険の相場の目安です。

50代

50代になると年齢条件での新たな割引はありません。そこで、リスク

細分により年齢により保険料が異なる新しいタイプである通販型の保
険会社にすることにより、保険料をある程度安くすることができます。

60代・70代

60歳、まだまだと言いたいところですが、実は自動車保険上ではそろそ

ろ陰りが見えてくるのです。実際、自動車保険においても60代の保険料
はまだ安いですが、70代になると保険料は高くなる傾向にあります。

 

 

自動車保険に加入する時、気になることの一つ
がその保険料です。やはり加入者としてはでき
るだけ保険料は安く済むほうが良いですよね。

 

とはいえ、パッとその数字を見ただけで
はその保険が高いのか安いのかは、
なかなかわからない事もあります。

 

もちろん、保険に色々とオプションを付けてかな
り充実した内容にする場合は、それを付けてい
ないときに比べると高額になってしまうでしょう。

 

また、事故を起こした時に自分の車も保険で直した
いと思っている人は車両保険も付けておくことにな
りますが、それを付けている時と付けていない時と
では、やはり保険料にはかなりの差が出てきます。

 

しかし、こうして基本のものにプラスして何かを付けてい
るなら、保険料が高くなってしまうのは誰にでも分かる話
だと思いますが、そうでない場合、例えば基本の内容
けで加入しようとしている場合などは、自分が加入しよう
としている保険は本当に安いのか高いのか、気にはなっ
てもなかなか分からない事もあるのです。

 

したがって、そういう時は自動車保険
の相場を知っておくようにしましょう。

 

この相場を知るということですが、自分が加入してい
る自動車保険が高いかどうかを知る事ができるとい
うメリットもあるのですが、それだけでなく、その補償
内容を見直す時も実は必要なことなのです。

 

そのため、なかなか自動車保険自体にあまり興味を
抱くことができない人がいるかもしれませんが、できる
だけお得にそれに加入する事ができるようにするため
にも、その相場について調べておくようにしましょう。

 

自動車保険ですが、誰でも大体同じくらい
保険料かと言ったら決してそうではありません。

 

例えばその人の年齢、乗っている車、免許証
の色、乗る人の条件、住んでいる地域などい
ろんな条件によって高額になる場合もあれば、
それほど高くならない場合もあります。

 

ですから、自動車保険の相場を知ることは重要な
のですが、この場合、世間一般の相場を知るとい
うよりは、自分の条件の場合どれくらいが平均の
保険料になるか、それを調べるようにしましょう。

 

そうするために便利な方法が、自動車保
険の一括見積もりを取るということです。

 

そうすれば高い保険料もわかるし、安い保険料も知ること
ができ、もちろん平均相場の金額を知ることもできます。

 

したがって、その結果から自分が加入している保険
が高いかどうかを判断することもできるし、また保険
の内容を見直したり、保険自体別の会社に変更
ることを検討することもできるようになるのです。

 

 

自動車保険の一括見積もりを依頼することで、最終の
保険料価格相場を比較するという人が増えています。

 

自分にはこれだという充実したプランを打ち込んで、それに
対する見積もりがほんの数分で得られるというものです。

 

それも依頼した保険会社を横並びに表にして見ることができ
るので、一目瞭然に自動車保険料の平均相場が解ります。

 

一括見積もりの中でここが一番だと思ったところに絞
れたのであれば、その自動車保険の複数のプランを
さらに見積もってみてもう一度考えて決定すると、本
当に良いプランの自動車保険が出来上がります。

 

もし、何かがあった時にという事を想定して保険は考
えるものです。決してお守り代わりではありません。

 

必ず1年間、今までと違う安心な思いと心強さを得られることでしょう。

 

>>自動車保険一括見積もりサイト

 

>>自動車保険の見直しをしようのページに進む

 

自動車保険相場平均TOPに戻る